パパ活において肉体関係を求めてきたときの断り方は

パパ活というのは本来なら肉体関係なしでデートをするというような関係で、ついでに謝礼を頂くというようなものです。最初であれば新鮮ですのでデートだけでもいいわけですが、男性としてもだんだん体の関係を求めてくることがあります。肉体関係を求めて応じることができればそれでも全然構いませんが、それは困るというのであれば1回たりとも許さないほうがいいですので、ここで断り方について学んでみましょう。

1回でも一線を越えてはいけない

1度体の関係を許してしまうと、相手は食事だけでは満足することができなくなる点に注意してください。パパ募集をする時に絶対体の関係を許さないということを念を押したほうがいいでしょう。だんだん回数が増えてくるにつれて、男性側としても許してもらえるのではないかと思って体の関係を求めてくるわけですが、そこで許すことは止めておいたほうがいいです。

のらりくらりかわしていく

いきなり断ってくるとパパとの関係が途絶えるということにもなりかねませんので、相手に問いかけるような感じで肉体関係なしで会ってくれるということに了承したよねという感じで念を押します。のらりくらりかわしながら断っていくというのがポイントになってきます。この人と肉体関係を結ぶことは難しいんだなという風に思わせたらいいでしょう。

会えなくなることを強調して断る

いくらのらりくらりかわしていったとしても、それでも引き下がらないということもあり得るでしょう。それでも引き下がらないのであれば、今後会うことはできないということを告げるべきです。本来なら長期的に関係を継続させたいところですが、肉体関係を結ぶのが嫌ということであれば関係を壊してまでもきっぱりと断るしかないでしょう。

彼氏がいることを伝えても、断る口実にはならない

彼女の中には彼氏がいる上でパパ募集をしているという人もいます。セックスをしようという風に言われて、彼氏がいるから無理だという風に断ったとしても、それが理由で断ることはできないと言ってもいいでしょう。パパの中には彼氏がいてもいいと思っている人すらいますので、彼氏がいるからと言ってもパパに押し切られる可能性はあります。

1回も許さないという意識が必要

パパ活において体を求めてきた場合にどうやって断るのかというのはとても重要です。1回でも許してしまうと会うたびに肉体関係が求められますので、やんわりと断るべきでしょう。それでも止めてくれないなら、きっぱりと断る必要があります。